噺家になりたかった!?

■歌舞伎役者でなければ今頃なにをしていたと思いますか?

 

 

噺家になりたかったです。

それこそ九雀さんのお師匠さんの桂枝雀さんの番組で「枝雀寄席(しじゃくよせ)」っていうのがあったんです。

面白いなと思ってました。それから図書館で借りたりして。変な子ですよね。

「絶対なりたい!」ってまではないですけど好きでね。

でも枝雀さんのお弟子さんが九雀さんなので、なにかしら縁があるのかなと思います。

これは九雀さんにも言ってないですけど(笑)

 

私たちの年代って景気が悪くなってとかで、やりたいことができなかった年代だった気がするんですよね。

就職ってしたことがないのでわからないですけど、そんな友達もいたから。。

好きなことを職業にさせてもらって自分はすごく幸せだと思います。

 

 

お陰様で楽屋でイジメられることもなくゲラゲラ笑いながらね。

(笑)

 

師匠も元気ですしね。

 

 

■大変なことももちろんあるけど、いまは楽しい?

 

 

楽しいですよ。

大変なことも、それは“不幸”とかやなくて必要なことだと思うので。

経験できない人もいるだろうし。

 

「毎日幸せ~っ♪」ってスキップして歩けるようではないですけどね(笑)

 

 

■そうですよね(笑)なかなかそういう人もいらっしゃらないですよね(笑)

© 2017 Tomoko Shimokawa