​あこや

阿古屋

本外題…壇浦兜軍記

通称…阿古屋、琴責め

初演…享保17年(1732)

作者…文耕堂、長谷川千四

主な登場人物

・阿古屋(遊女であり、平家の侍・景清の愛人)

・畠山重忠(正義感のある裁判官)

・岩永左衛門(拷問で吐かせようとする補佐役の裁判官)

人形浄瑠璃を歌舞伎化したもの。

もとは全五段の芝居でしたがその三段目にあたる「阿古屋」が主に独立上演されています。

阿古屋を演じる役者が実際に琴、三味線、胡弓を演奏してみせるところが見どころであり、岩永の人形振りにも注目です。

 

 

 

 

源平の戦いで平家が滅亡した後、悪七兵衛景清が行方知れずとなっている。

そこで探索のために愛人である阿古屋を呼び出します。

詮議の指揮をとるのは、畠山重忠と岩永左衛門。

阿古屋は知らないことは知らないのであるが、岩永は意地の悪い人物で拷問道具を竹田奴に運ばせ、拷問にかけて吐かせると意気込見ます。

 

畠山はそれを制して阿古屋に琴、三味線、胡弓を演奏させる。

その音色に狂いのないところから、阿古屋の無実を認めるのでありました。

© 2017 Tomoko Shimokawa