あやつりさんばそう

操り三番叟

本外題…操り三番叟

通称…操り三番

 

初演…嘉永6年(1853)

作者…篠田瑳助

 

主な登場人物

・三番叟

・後見

 

 

能「翁(おきな)」を舞踊化した、いわゆる三番叟物のひとつです。

他にも、「舌出し三番叟」「二人三番叟」「廓三番叟」などがあります。

 

五穀豊穣の祈りを込められた舞踊で、お正月などのおめでたい時に舞う祝儀物です。

 

操り三番叟は、操り人形にした趣向で作られており、箱の中から三番叟の人形が出て踊り出します。

人形が糸で操られているように踊るのが見どころです。

人形なので表情は変えずに、

踊っている途中に糸が絡まったりして後見が助けたりします。

 

 

能では神聖で特別なものとされていますが、歌舞伎では面白い動きを強調し滑稽に演じられます。

© 2017 Tomoko Shimokawa