​2019年5月に令和元年となり

最初の歌舞伎座公演は「團菊祭五月大歌舞伎」です。

記念すべきこの舞台。

歌舞伎ファンとしては見逃せません。

新元号となり、新しい時代を迎えた日本。

祝賀ムードにあやかって歌舞伎辞典ではこのページで

令和元年最初の歌舞伎座公演を存分に楽しむべく

ユーザーの皆様と情報共有していきたいと思います。

Menu

 

下記リンクをクリック(タップ)して飛んでください。

令和歌舞伎の始まり「團菊祭」

團菊祭って?

九代目市川團十郎と五代目尾上菊五郎(長いので以下「團菊」と言います。)の功績をたたえて昭和11年に始まった「團菊祭(だんきくさい)」。

明治時代、演劇改良運動などにより歌舞伎の近代化に取り組み、

明治20年4月26日に井上馨邸に明治天皇をお迎えする際に團菊らが「勧進帳(かんじんちょう)」を上演したことで歌舞伎の社会的地位が向上しました。

 

「團菊祭」は日中戦争(昭和12~20年)中もなんとか続けたものの中断した時期もあり、歌舞伎座が戦災で焼失したことで東劇で興行を行なったこともあるそうです。

歌舞伎座が建てかわったのち、昭和33年に再開し現在では五月の恒例興行となっています。

 

團菊の銅像が歌舞伎座ロビーに飾られています。

第一回目の團菊祭のときに造られ、戦争中に供出、昭和53年に復元されたものが現在飾られてあるものだそうです。

めでたさ重なる初舞台

門出を祝う

令和元年となり祝賀ムードの中、

当代菊之助さんの長男が七代目尾上丑之助(うしのすけ)を名乗り初舞台を勤める今回の團菊祭。

菊之助さんや祖父である菊五郎さん、吉右衛門さんらも出演し門出を祝います。

 

「尾上丑之助」は

「尾上菊五郎」「尾上菊之助」に先立って襲名される音羽屋の名跡です。

 

寺嶋和史さんとしての初お目見えから3年。

菊之助さんも初舞台で勤めた「絵本牛若丸」で七代目丑之助さんが初舞台を踏みます。

新しい時代に、まだ5歳という可愛らしい丑之助さんの第一歩を拝見するのが楽しみです。

 

また今回祝い幕はジブリの宮崎駿監督が描いたそうですね。今年12月に歌舞伎化される「風の谷のナウシカ」のご縁で依頼したのだとか。

五月團菊祭公演中には原画がロビーに飾られるとのこと。

祝幕の真ん中には、丑之助さんにそっくりな牛若丸と弁慶が描かれています。

「絵本牛若丸」に弁慶は登場しないし、五条大橋の時点では、弁慶は七つ道具を背負っていません。

しかし、弁慶がいないと牛若丸だと分からない、牛若丸と弁慶と言えば五条大橋ということから象徴的なものとして、今回のデザインに決めたそうです。

またこのデザインのこともあり

3月に行われた会見では鬼三太役を勤めると話していた菊之助さんも

舞台に弁慶が出ないわけにはいかないだろうということで鬼三太ではなく武蔵坊弁慶を勤めることとなったそうです。

 
 

© 2017 Tomoko Shimokawa