しばらく

通称…暫

 

初演…元禄10年(1697)

※現行演出は明治28年(1895)

作者…現行演出は福地桜痴によって改訂されたもの

 

元禄10年(1697)1月に江戸・中村座で初演された「参会名古屋(さんかいなごや)」で「しばらく」の台詞があり、これが元となっていると言われています。

 

主な登場人物

・鎌倉権五郎景政(かまくらごんごろうかげまさ)

 加茂家の忠臣

 

・清原武衡(きよはらのたけひら)

 公家悪(くげあく)

 

 

この演目はストーリーがどうこうというより、様式を楽しめる演目です。

 

歌舞伎十八番の一つであり

ド派手な衣装に隈取、見得など

荒事(あらごと)の要素がたっぷりでこれぞ歌舞伎!

 

また主人公・鎌倉権五郎景政以外にも、

公家悪の清原武衡(きよはらのたけひら)、

鯰坊主(なまずぼうず)の鹿島入道震斎(かしまにゅうどうしんさい)や大きなお腹に赤っ面の成田五郎など

それぞれ個性的なキャラクターが出てきます。

 

江戸時代、

役者は芝居小屋と年間契約を結んでいました。

その更新時期が十一月。

なので歌舞伎の一年の始まりは十一月でした。

毎年十一月に劇場と年間契約した役者が総出演し、「今年はこんなメンバーでやりますよ」という顔触れを見せる公演を顔見世(かおみせ)と言いました。

この顔見世興行の際には、

演目の中に必ず今の“暫のような演出”がありました。(当時は「暫」という独立した演目があったわけではなく、いろんな演目に今でいう「暫」の要素を入れていたということです。これを一つの演目として独立させたのは明治28年。)

 

また、当時は興行のたびに異なる役名でした。

明治28年に九代目市川團十郎が「暫」を独立した一つの演目とし、それ以降、役名も固定されました。

 

あらすじはとても単純なものです。

善人が無実の罪で悪役に斬られるまさにその時、

「しばらーく」の声が。

 

花道から登場したのは、柿色の大きな素襖(すおう)に、車鬢(くるまびん)という独特な鬘、腰には2mもある大太刀(おおだち)。

見るからに強そうな主人公が登場。

 

この主人公・鎌倉権五郎景政が悪人をやっつける

というお話です。

 

これを女形が演じる「女暫(おんなしばらく)」もあります。

© 2017 Tomoko Shimokawa