top of page
kabukijiten_syu_0006.PNG

歌舞伎辞典9周年を迎える2023年11月に

さぎ 改め たっぴぃ

ねずみ 改め レッドスターくにとき

襲名させて戴く事と相成りました。

​(厳密に言えば 改名 ですが…)

kabukijiten_syu_0003.PNG
kabukijiten_syu_0004.PNG
透明色プリズム
襲名披露記者会見

(都内で行われた記者会見の様子)

なぜ9周年という微妙な時に襲名を?

 

たっぴぃ)

我々が所属する歌舞伎辞典の9周年にあたる年で(2023/11/24で9周年)

9周年って微妙だし10周年まで待てば?っていう話もあったのですが

2023年は卯年ですから我々としては縁起のいい年かなということでまとまって

この度襲名させていただくことになりました

 

 

 

初めて聞いたときはどのようなお気持ちでしたか?

 

たっぴぃ)

正直ぼくにはまだ早いという

これからさらに色んなお役を勉強していく中で、皆様に「このうさぎだったら名に恥じないうさぎ歌舞伎役者だ」とおっしゃっていただけるようになったら

そこで初めてお名前を頂くということを意識するかもしれないのですが

本当にぼくにとっては予想もしなかったことで聞いたときには大変驚きました。

 

くにとき)

有難いことに最近わりと大きなお役も頂いておりましたのでこのままいけばいずれはお話があるかなとは正直少し思っておりました。

でもまさかこんなに早くお話があるとは思いませんでしたのでやはり驚きました。

うさぎ歌舞伎界にねずみの家系から入るっていうのはご存知の通り異例ですので

今まで以上に気を引き締めて精進したいと思います。

 

 

 

お二人ともまだまだ早いというお気持ちとのことですが、下積み時代も長かったですよね?

 

たっぴぃ)

一般的なうさぎであれば誕生した瞬間から名前が用意されているものですが

うさぎ歌舞伎界は無名のうちはただのうさぎ。

お役と向き合ってたくさん勉強して、その先にお名前をという話があるわけで

決して下積み時代が長いとは思いませんでしたね。まだまだこれから頑張っていかなきゃいけないと思います。

 

襲名のお話から本当にトントン拍子に準備が進んでいって、ポスター撮影だったり、こうして会見をさせていただいたり

徐々に襲名するんだという実感が湧いてきました。

週刊誌にも撮られましたしね(笑)

週刊誌に書かれていたことについてコメントはありますか?

 

たっぴぃ)

コメントというか、

ぼくだってファンサですか?…しますよ(笑)

たまたまその時は誰にも呼び止められなかっただけで呼んで頂けたらぼくも手をふったりします!笑

くにときさんもたまたま良いところを撮られただけで無愛想なときもありますよね?笑

 

くにとき)

いやいや、私は誰もいなくても常に笑顔で楽屋入りしてます

 

(報道陣の撮影にガッツポーズで応えるたっぴぃ&くにとき)

うさぎメトロねずみ線・兎営浅草線

兎銀座駅(3番出口)に貼り出された

襲名披露ポスター

祝幕のお披露目

kabukijiten_syu_0015.PNG

襲名披露興行のために「祝幕」がお披露目された。

 

祝幕は

世界的なデザイナー

ピョンヌ・ラビット氏のデザイン。

(左からピョンヌ・ラビット氏、たっぴぃ、レッドスターくにとき)

絶妙な色合いで華やかです。

人参を連想するオレンジとグリーンのスパンコールに可愛らしいピンクのリボンがあしらわれている。

ピョンヌ・ラビット氏は

普通とはちょっと違う"かぶく"を意識しながらも、舞台は総合芸術ですから一つの作品としてのまとまりも大事であると感じデザインしたと話す。

大きな紋は透け感のある素材で

たっぴぃ&レッドスターくにときの若々しさ、濁りのない美しさを表現したそうだ。

 

報道陣も圧倒された。

楽屋のれん

ご贔屓の皆様より楽屋暖簾が届きました。

​大切に使わせていただきます。

引き続き襲名に関する情報はこのページにて更新します。

bottom of page